水原希子と「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

前略 水原希子 様

あなたを初めて知ったのは、トラン・アン・ユン監督の「ノルウェイの森」の緑役だったと記憶しています。その時の印象として「何て美しい女の子なんだろう」と思いましたが、同時に失礼ながら「演技に関しては・・・」と思いました。付け加えておくなら、作品の抽象化された世界観には、あなたのその演技の体温の低さは案外悪くなく、作品に相応しいようにも思ったものです。その後、あなたは主にモデル、タレントとして活躍を続けており、恐らく女優業に大いに関心がある、ということでもないのではないかと推測されます。不勉強ながらその後あなたをスクリーンで観たのは「ヘルタースケルター」と「進撃の巨人」だけであり、いずれも特筆すべき演技を披露していた、という印象は残念ながらありません。

今回、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」という大根仁監督の新作において、あなたは題名通りの小悪魔的女性を演じています。映画にはファム・ファタール=「宿命の女」と呼ばれる役割があり、それは主にフィルムノワールと呼ばれるハリウッド映画において登場してきましたが、今作はフィルムノワールではないものの、あなたの演ずる、男を虜にして人生を狂わせる女性像はファム・ファタールと呼んで良いでしょう。

ファム・ファタールにとって重要なことは、とにかく、理屈抜きに魅力的で、観客がこの女性になら人生を狂わされても仕方がない、と思わせることです。そこには論理的な分析は不要です。テイ・ガーネット版の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のラナ・ターナーの登場シーンを観れば、その後に男たちがどのような酷い目に合おうが仕方がない、と観客は嘆息せざるを得ません。そういうことです。

そのような説得力を持ったチャーミングさを持つ女優としてあなたが抜擢されたのでしょうし、そこには特段異論を挟むつもりはありません。この役を演じられる女優が今の日本であなた以外にいるのか?そう多くは思い浮かびません。

この作品であなたは、端から血肉の通ったキャラクターを演じよう等という気はなく、とにかくチャーミングに映ることを最優先しており、それは大根仁監督の演出でもあるでしょうし、モデルとして活躍するあなたにとってはお手の物だったのではないかと思います。この作品でもあなたは技巧的に優れた演技を披露しているわけではありませんが、それは求められていないし、都合三人の男たちを翻弄する女性としての記号性は十分に発揮されていたと思います。この作品は大根仁監督の「モテキ」と構造が似ています。一人の大人になり切れない男性が、女性や社会との関係に傷つくうちに、やがては何かを学び、もしくは諦めて成長する物語です。「モテキ」におけるファム・ファタールは長澤まさみでしたが、彼女の場合は彼女自身が恋愛に悩む若い女性のリアリティを演じる必要があり、あなたとは求められる資質が違いました。

今作の主人公は妻夫木聡演じるコーロキであり、彼のほろ苦い成長物語です。いつもながら、大根仁監督は観客を乗せるのが上手く、あなたとコーロキのいちゃいちゃ場面に馬鹿馬鹿しいと呆れながらも、あなたにつれなくされて右往左往するコーロキの姿にいつの間にか同情することになり、最後のコーロキの独白には思いがけず胸が熱くなりました。

そして最後のカットに登場する黒いコートに身を包んだあなたは、完全にアイコニックなモデルとしてのあなた自身の顔をしており、それは(松尾スズキ演じる編集長が過去パリで出会ったという女性がそうだったように)これからのコーロキの人生を支配する堕天使の記号でもあります。記号に演技力は必要なのか?あなたという女優は、演技力ではなくその容貌の記号性で映画を盛り立てることの出来る、稀有な存在なのかも知れません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です